一言で言えない

一昔前だと、若い女の子が水商売で働くとなると「キャバクラ」というのが一般の考えでした。
ですが、最近では「ガールズバー」の方が、若い女の子には人気の水商売になってきているように感じます。
「ガールズバー」とは、一体どんな仕事内容なのか気になる人も多いかと思われます。
基本的にガールズバーのお仕事は、お酒を作ってお客様と会話をすることがメインになります。
この「ガールズバー」というものは、「キャバクラ」のように他の水商売と大きな違いが出ていくるのです。

まず一つ目の特徴は、接客をするのは全てカウンター越しだというところになります。
「キャバクラ」では男性の横に座っての接客なので、触られたりする可能性もありますが、「ガールズバー」ではお酒を作るのがメインになりますので、男性のお客様と会話するのもある程度の距離があり、安心して働けるという違いが出てきます。
二つ目の特徴は、ノルマがないという点ではないでしょうか。
お客様と電話番号やメールアドレスを交換しなくていいので、お客様に営業の連絡をする必要がなく、仕事とプライベートの時間をきっちり分けることが可能になり、そのためストレスも極力少なく気軽に働けます。

最後に、自分で「ガールズバー」用の衣装を用意する必要がないという点です。
「ガールズバー」では、チアガールやメイド等のコスプレや、お店のコンセプトに合った衣装が制服として用意されている場合がほとんどになります。

また私服で出勤可能のお店もたくさん存在しています。
これだけ見てもらってもわかるように、「ガールズバー」で働く際の特徴というのは、正直一言では言えないのです。



■関連リンク
若い女の子に人気のキャバクラ・ガールズバーの求人サイトです → キャバクラ

Copyright © 2014 ガールズバーの仕事の特徴 All Rights Reserved.